立派な、お野菜!!

f0045768_15202448.jpg 上から3番目の彼の姉のご主人が、去年定年退職されました。二人は健康の為に、市営の家庭菜園を借りて、野菜作りに挑戦しました。初めのうちは分からないことも多く、失敗もしたそうです。研究を重ねているうちにだんだん野菜作りにのめり込んで行き、今ではその面白さに夢中だそうです。去年の晩秋の頃に話した時、 「そろそろ鍋の季節だね。我が家では、鍋の野菜の材料はみんな揃うよ。そして何より新鮮で、おいしいよ~!」 との事でした。そして 「そのうちダンボールにつめて、送ってあげるからね。」 と言っていた姉から、昨日、ダンボールが届きました。写真は、箱の上の段の野菜を広げて撮りました。




f0045768_15241379.jpg 大きさも立派で、葉もしっかり蒔いていて、きちんと丸い白菜。家庭菜園で、素人の姉たちが、こんなに立派な白菜を作るなんて、すばらしいの一言です。
f0045768_15262811.jpg ダンボール箱に入るぐらいの長さを選んで入れてくれました。収穫した中では小さめのほうだそうです。
f0045768_153109.jpg 短めでしっかりした葉で、緑色が光っています。触ってみると、肉厚だけど柔らかい。食べたらきっと、しっかりほうれん草の味がして、さぞかし栄養たっぷりでおいしいのだろうなと、とても楽しみ。
f0045768_153581.jpg 姉の家の裏山に上ると、秘密の場所に自然薯があるそうです。時々送ってくれるのですが、市販の山芋と違って、粘りが強く、濃厚な味で、とてもおいしいです。さすが自然が育んだものは、違います。
f0045768_154542100.jpg 水菜を見ただけで、そっと触れただけで、新鮮さや、柔らかさや、そしてきっととてもおいしいだろうことが、感じ取れます。一緒に入れてくれたラディッシュと共に、サラダにしたらとてもおいしそうです。鍋に入れてもいいいけれど、もったいないからやっぱりサラダかな~
f0045768_15493945.jpg サトイモです。彼がイモ類を食べないので、普段口にすることはあまりありません。いろいろなものを作っているのだなと、改めて感心てしまいました。
f0045768_15529100.jpg 最初に新聞紙の包みを開けたとき、セロリの葉が入っていました。姉達はセロリは葉っぱだけを食べるのかなと思いました。後で母に聞いた話によると、家庭菜園ではセロリはこうなるのだそうです。
f0045768_15582666.jpg 久しぶりに見た、福岡の春菊。福岡に住んでいた新婚当初を思い出しました。二人で買い物に行って、野菜売り場で春菊を探して見つかりませんでした。彼に 「ないね」 と言うと、 「ここにあるよ」 と彼が手にした春菊は、関東の春菊とはちょっと違っていました。今では、笑い話です。
f0045768_1663289.jpg 九州出身の彼は、高菜漬けが大好きです。私は野沢菜付けのほうが好きです。炒飯にするときは高菜漬けのほうが好きですが・・・ 高菜の包みを開けたとき、彼がとても嬉しそうな声を上げたので、頑張って高菜漬けを作ろ~と!!
f0045768_16111873.jpg 青梗菜まで作っている姉に、拍手! 我が家ではあらゆる場面で活躍する、みんなが大好きな野菜です。
 それにしても、昨年来の極寒による野菜の高騰で、いまや葉物野菜はスーパーでは一束298円が当たり前。とにかく野菜が高くて、本当に助かります。そして無農薬で、十分に手がかけられていて、新鮮で、本来の味をしっかり保っている、そして何より愛情たっぷりの野菜。おいしく食べさせて頂きま~す!!!

ここから下は、英ちゃんだけ見てね。






 英ちゃ~ん! いつも無農薬のりんごや、ぶどうや、桃や、その他いろいろ送ってくれるのに、写真もコメントもせず、ましてや電話さえ遅かったりしなかったりで・・・  ごめんね。
 いつもとっても感謝してるから!!!!!

ブログってお手軽だから、今度からしっかり載せるからね。
[PR]
by himang_56 | 2006-02-01 16:31

喜ばしい声が聞こえる


by himang_56