そうだ!文字を読もう

 ライブドアへ東京地検の家宅捜査のニュースが出て以来、一気に極悪人となった堀江容疑者や側近の幹部に対する様々な個人情報が流出している。4人の逮捕者が出てからは、垂れ流し状態だ。毎日長時間に亘って、「自分は善人」のアナウンサー、解説者らが多くを語る。
 耐震偽造問題が発覚してからも、同じように善人のテレビ出演者が極悪非道の偽造側の人々を批判し続けている。普段の番組のほかに、国会中継まで加わって、それはもう上を下への大騒ぎだ。確かに耐震偽造は大変な問題だし、そういうマンションを知らずに手に入れてしまった人たちには死活問題だ。大きなニュースだし、きちんと解明し、解決されるべき問題だ。
 ひとたび事件が起きると、ほとんどの放送局で、同じような内容で、事件の報道を繰り返している。マスコミがヒステリックに騒ぎ立てて自体を方向付けしてしまうことは、たとえその方向がどこを向いていても問題だと、私は思う。
 私はといえば、毎回同じような構成で、30代ぐらいまでは子ども時代から今に至るまでを、年齢の高い人は今までの悪事をほんの些細なことまで、探し出して来て流される情報に辟易している。そういう報道をだんだん見なくなってきて、だんだんテレビ自体を遠慮すようになってきた。新聞を読めば事は足りるし、要らぬ情報を選別できる。耳から垂れ流しのように入ってくる映像や言葉の羅列より、自分の脳を働かせて文字を読むほうが、きっと脳にも良いような気がする。
[PR]
by himang_56 | 2006-01-27 11:31

喜ばしい声が聞こえる


by himang_56