いったい何が

 「在日コリアンな暮らし」 というブログに去年偶然巡りあってから時々訪問していました。毎回味のあるタイトル(韓国語+日本語)と、写真、興味深い内容と素敵な文章で、訪れる私たちを楽しませてくれるブログです。



 そのブログに今年になってアクセスすると、알림(お知らせ)とあって、コメントやトラックバックが出来なくなっていました。具体的な理由は述べてありませんが、最後に在日のブログの運営の難しさに触れていました。
 私は同じ理由で、 我が家のホームページの「きぷん・そり」 を公開する時にかなり神経を使いました。掲示板を置くか、メールで受け取って内容を吟味してからHPに載せるか、在日であることが誹謗中傷の的になり、どこかのサイトのような誹謗中傷の言葉ばかりが連ねられるチャットのようになることが嫌だったからです。
 戦争が終わり60年を経てもなお、在日差別が様々な場面で見え隠れしていて、社会の現象として差別は今なお存在しています。そしてなによりも根深いのは、人々の心の中にある差別です。これは人の目に触れることがあまりないために普段は気づきにくく、なかなか消えていかないものです。それが2チャンネルのような場で洪水のようにあふれ出てくるのだと思います。上記のブログにもそのようなことが現れたのだとしたら、本当に残念なことです。心温まるサイトであるだけに、一日でも早く、今までのように大勢の人が言葉を交わしあいながら、親交を深め、理解を深め合うことが復活できますようにと願います。
[PR]
by himang_56 | 2006-01-17 17:53

喜ばしい声が聞こえる


by himang_56